おどししぐらし!

生産性の無いブログ

七夕

今年も気付くと七夕が終わっていた。

数年前までは学校の行事として短冊に願い事を書く、なんて事をしていた。

だが今ではそんな暇もなく。

そもそも今日が七夕である事に気がついたのは、七夕が今日から昨日になる時であった。

いつからだろう

些細な時の流れを気にしなくなったのは

当時の僕は七夕なんて馬鹿らしいと思っていた

昔の言い伝えにすがるなんて

そう思っていた

だけど今は違う

模索を続けても先行きが見えない不安に苛まれる毎日

こんな時こそ何かにすがりたいのは紛れもなく自分だった

彦星が織姫、織姫が彦星を失ったように

自分も自分を失ってしまうんじゃないか

そんな不安が頭によぎった

しかし僕は思う

自分を失ってもいい

七夕の日にまた自分を見つければ

 

 

夢は叶うのだから